Rabbit Flag
Welcome to Rabbit-Hole
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『最強くろひめ伝説』
2007年 12月 25日 (火) 20:20 | 編集
Ryu071223155939a.jpg

こんにちは、めくるめく官能の世界を生きるヴァナのくろひめ、3号です。
Lv30から全てENMでようやくAFレベルにこぎつけたのはいつかの記事に書きましたが、
なんだかんだでまだレベルは54。
このままずっとENMっていうのもぶっちゃけ飽きた
レベル上げの楽しみを殺いでいるなあと思いまして、
ウワサのペット狩りに手を出してみることにしました。
最初は「ソロってなんか怖い>_<」と姫っぽく
昼メシの軟骨をバッキバキ噛み砕きながら考えていたんですが、
調べていくうちに何だか出来そうな気がしてきた催眠効果。
しかし流石にソロとなると、頼れるのは己の力のみ。ワンダーボーイは助けちゃくれません。
今のとりあえず手抜きがバレないように取り繕った装備で生き残れるのか・・・?
と脳内エンジンに検索をかけたところ0.01secで「無理」と答えが返ってきましたので、
渋々装備を整えることに。しかし装備を整えるといっても、黒の装備の知識は無いに等しいので、
競売を眺めてみても渋谷の高級ブティックに放り込まれた田舎娘の気分。

ともすればやっぱり候補に挙がるのは・・・属性杖HQ。

属性杖HQは今まで「NQとそんなに変わんねーよ^^」とか思いつつ
闇杖HQだけはスリプルをレジられると自分が死ぬので持っていましたが、
今回黒ソロをするにあたって調べた情報でNQとHQでは雲泥の差だということが発覚。
しかしそうはいっても属性杖HQは今も昔も高級品。
全てを買い揃えるお金は無いので、どれか一本に絞ることになります。
とすれば・・・やっぱり最初は氷杖ですかね。どれどれ・・・

Dec. 23, 2007 ***** → ***** 281,000

281,000・・・
ここで、おそらく世間の大多数の人が
「あれ?これ280,000入れたら落ちちゃうんじゃね?」と思うと思います。
でもそううまくはいかないんですね。(えらそう
むしろ何週間か前に軽量スチール板を買おうとしたらなんか最終3,000だったのが
30,000でやっと落とせたようなラッキープリンセス。
しかも今見たら軽量スチール板5,000ですしね。
あの値上がりはなんなの?死ぬの?まあいいです。
世の中そんなに甘くないってことの見本を、お兄ちゃんが見せてあげますよ。
いい?見ててよ!?





Ryu071223235254a.jpg



あれ?おかしいな・・・フラグ立てすぎたか。

しかも結局食事やリレピなど諸々の準備のお金が足りなくてジョンを手放す始末。


/(^o^)\


まあいいです。さっきからこればっかりですね。
初の黒ソロの舞台となるのはソジヤ。
サーチしてもそれらしいレベルの人はいないようです。
気を取り直して稼ぐおー^^





Ryu071224021430a.jpg
あら、素敵な青ネームですね




・・・





コピー ~ 1200582957041



もうなんていうか/anon機能いらないですよ
絶対必要!って場面が思い浮かびません
サポ割れしてるの隠すのぐらいしか浮かびません
いやまあ初期のころはよくやりましたけど

とりあえずこの/anonのタルっ子2人は
明日の朝床に落とした歯磨き粉を裸足で踏めばいいと思います。
スポンサーサイト
『カリカチュア ~que sera sera~』
2007年 12月 23日 (日) 03:38 | 編集
Ryu071222174400a.jpg

俺は踊り子の使い手なんだが残念なことに低レベル装備を全く持っていなかったので
「お前それで良いのか?」と自分に聞くと「どちかというと大反対」とか言ってきたので
バうんデングブーツなどに代表される低レベルEx/Rare装備を取りに行く事になった
ここまで読んで「なんだこれ」とか思ってる時点で相手にならないことは証明されたな
口で説明するくらいならおれはブロント様言行録を読むことを勧めるだろうな
俺パンチングマシンで100とか普通に出すし

GW-00623.jpg

バンデングブーツを落とすHNM Leaping Lizzyが
どうやって南グスタベルグ(E-8)~(F-8)にわくって証拠だよ
カカッっとサーチしてみるとレベルが5とか8のプレイヤーは
レベルを上げているのは確定的に明らかだったが
/anonのプレイヤーはどっちだかは一瞬でわからないみたいだった
俺はとんずらを使って普通ならまだ付かない時間できょうきょ参戦すると
やはり/anonのプレイヤーが3人くらいうろうろしてた
俺はこれで/anonきらいになったなあまりにも卑怯すぎるでしょう?汚いなさすが/anon汚い
「たしかに狩るのは勝手だがそれなりの狩り方があるでしょう?」と思ったが
「うるさい、気が散る。一瞬の油断が命取り」と自分の中でおおmったので
近くの雑魚を生半可なシーフでは使えない不意だまを使って掃除してたら3回連続見つめられたから「抵レベル体では見たことの無いものだから覗きたかったのもわかるがアビリティであってエプロンは無関係」と伝えてやったがむ反応たぶん信用してない

Ryu071222175049a.jpg

その後ずっと雑魚狩りを何回かしてたら俺は別に強さをアッピルなどはしていなかったが
釣り勝てないと思ったんだろうなライバルたちは絶望しながら消えていった
俺を強いと感じてしまってるやつは本能的に長寿タイプ
その後ちょっとしたら広域す牛ンがLeaping Lizzyがわいたことを示していた
「何いきなりわいて来てるわけ?」と言ったら多分リアルでビビッたんだろうな、、
こんな恐ろしいい敵を作ってしまったのかと気づいてかなり青ざめてた
「見逃す気はないのか?;」と言ってきたが雷属性の左をジョーにヒットさせてやって
「口で語るひまがあるなら手を出すべきだったな」と言ってKOした
だが残念なことにバウングブーツは落とさずになんかはしっこから尻尾出してきた
とりあえず尻尾落としておけばブーツを出さなくてもいいとでも思った浅はかさは愚かしい

Ryu071222201047a.jpg

この日は9匹くらい狩ったが出なかったこれドロップ率設定したの絶対忍者だろ・・
変な空間になったので俺はミステリーを残す為
勝ちの画面になったと同時にログアウトしたが多分不良界で伝説になってる

Ryu071222181449b.jpg

マジでぶん殴りたくなるほどむかつくんで出してもらえませんかねえ・・?
ドロップ率がわかっていれば反抗も出来ますが
わからない場合手の打ち様が遅れるんですわ?お?
このままでは俺の寿命がストレスでマッハなんだが・・
そう思いながら付近のトカゲを全滅させていたら一人のライバルからtellがきて
「なんでそんなに早く敵がわく場所がわかるの?」とか言ってきたので
礼儀正しい大人の対応で広域スキャンのなんたるかを説いてやった
格の違いを見せつけられ自分の地位を悟ったのか
「そうですかありがとう調理師エプロンすごいですね」と言ってきたので
「それほどでもない」と返した謙虚だったのが自分でもよくわかる(この辺の気配りが人気の秘訣)

Ryu071222185235a.jpg

それから俺は何度もLeaping Lizzyの前に立ちはだかったのだが
いくらバングブーツを出せといっても念仏状態
言ってもわからないやつは人工的に淘汰されるのが目に見えている
普段は確かに心優しく言葉使いも良い俺でも
カバンの中のトカゲの尻尾が22ダースに達したことで完全な怒りとなった
マジでかなぐり捨てンぞ?
この怒りはしばらくおさまる事を知らない
仏の顔を三度までという名セリフを知らないのかよ
そういって広域スキャンするとなんと今倒したばかりのLeaping Lizzyがもう1匹わいていた
「もうわいたのか!」「はやい!」「きた!Lizzyきた!」「これで勝つる!」

Ryu071223015550a.jpg

やはりLeaping Lizzyが実は2匹いるという説は本当だった
ここからは仮説だがおそらく(F-8)の大岩を境にした5匹ずつのトカゲグルッポのそれぞれに
抽選対象のトカゲが卑怯にも紛れ込んでいる
それでも中々わかなかったりするのはLeaping Lizzyがポップする確立が圧倒的に低いから
俺が思うにこれは抽選対象のトカゲの消化時間と
バウンブーツを狙ってやってくるプレイヤーの数を考慮に入れた仕様なのではないか?
Leaping Lizzyを目の前で奪われたライバルに「そこにいたのにいなかった」という表情になる
裏テルで「勝ったと思うなよ・・・」ときたが
「もう勝負ついてるから」というと黙ったので目の前のトカゲに集中した
Leaping Lizzyは今までバウグブーツの代わりに尻尾を落としていくという
忍者の空蝉のようなヒキョウ技を使い続けていたが
バラバラに引き裂かれたいのか?と言うとやっと必死な顔してなんか目から光出してきた(邪視)
おれは後ろを向くことで回避、これは一歩間違えるとカウンターで石化を受ける隠し技なので
後ろのギャラリーが拍手し出した。
「地位と権力にしがみついた結果がこれ一足早く出すべきだったな?お前調子ぶっこき過ぎてた結果だよ?」というとLeaping Lizzyは倒さないでと泣いてきたがおれに未練はなかった
ついげきの不意だまコンボでさらにダメージは加速した

無題

これにはビビった
実際俺は不良界でも結構有名でケンカとかでもたいしてビビる事はまず無かったが
生まれて初めてほんの少しビビった

Ryu071223020622b.jpg

ちなみにこの話は実際にあった内容で英語でいうとノンフィクション
copyright (C) Rabbit Flag all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。