Rabbit Flag
Welcome to Rabbit-Hole
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『液晶越しのLove to you ~中の人などいない~』
2008年 02月 26日 (火) 20:39 | 編集
久しぶりにMHFにログインしてみると、「まいとれ」とかいう新要素が追加されていました。
話を聞くに、ギャルゲーだのエロゲーだのと酷い言われようです。
私の記憶では、たしかモンハンは鈍器と血潮が友達の男塾ゲームだったと思うんですが、
しばらく見ないうちにサクラサクミライにコイしてユメ見ちゃうゲームになっちゃったんですかね。
いや、そんなはずありません。カプコンはそんなこと言わない。
なんにせよ、百聞は一見に如かず、百見は一試に如かずです。
俗な風評がただの思い違いだったってことを、証明してあげますよ。





anet.jpg
クルックーで拡大





ギャルゲーだった /(^o^)\




まあ、いいんじゃないですか。世の中の流れに敏感なのは素晴らしいことです。
血で血を洗う業界戦争、形振り構っているようじゃ到底生き残ることなんてできません。
ツンデレ仕様の三女が日本語を喋っていなくたっていいんです。
多分相当無理して書いたんだと思います。そのくらいの気概が必要なんです。
ごめんもうフォロー思い浮かばないんで先に進んでいいかな・・・


さて、実際にコミュニケーションをとってみましょう。
会話は、女のコの話にYesかNoで答えるアメリカン形式。
ギャルゲーはやったことありませんが、
所詮は算譜に支配された1か10かの世界。
とりあえず当たり障りの無い対応をしてれば万事上手くいくんです。



hh8_b.gif「おつかれさま!今回もよろしくね!」


e2_b_20080220174035.gif →はい


hh8_b.gif「あ、ごめん聞いてなかった!(好感度ダウン)」 ← 実話



何この子ふざけてんn





追記:
ツンデレ仕様の三女が日本語を喋っていなくなっていいんです。
→ツンデレ仕様の三女が日本語を喋っていなくたっていいんです。

修正しました。私の方が日本語を喋っていなかった事実。
お前の口上はいつもおかしい、という的確な指摘は聞こえません。
スポンサーサイト
『Calling to Night ~何この変態~』
2008年 02月 20日 (水) 23:59 | 編集
何か極々一部で人気があるみたいなので。
あ、それだと人気があるって言わないんですかね。まあいいです。
今回は私を含めた頭のおかしい人たちの過去の奇行を思い出してみました。
いつも通りの面白いのは私だけの駄文の羅列。
身内の話等々に興味のない方はカカッと回れ右した方が精神衛生上よろしいと思います。


 登場人物紹介

 e2_b_20080220174035.gif
 通称:ショットガン
 このサイトの中の人。
 色々と逸話はありますが、自分で言っても面白くないので割愛。
 
 h2_a_20080220174122.gif 
 通称:チョップスティック
 お笑い芸人の「ますだおかだ」のおかだの方に似ている。
 一番付き合いが長く、なんだかんだで頼りになる。そこがムカつく。
 そんな彼も今や大手量販店の惣菜売り場で働く調理師の卵。
 「北九州調理師専門学校、略して北朝鮮ブフォwww」
 とか言ってたあの頃が懐かしい。

 e3_a_20080220174214.gif
 通称:頭文字(イニシャル)KY
 ゲーマーを自負する自称最強。身長195cm。
 彼の辞書に「手加減」という文字は存在せず、
 相手が素人だろうが何だろうが容赦しない男らしさがある。
 もちろん負かした相手を「カス」とフォローすることも忘れない。
 自分が出来る → 出来ない奴はカス
 自分が出来ない → 誰にも出来ない
 という素敵な思考回路を持っている。
 
 e1_b.gif New!!
 通称:イースター島の遺産
 あだ名は単純にあれに似ていることに由来する。
 看護師の面接を一発ギャグだけで乗り切ったその勇姿は、
 当時就職活動の最中だった僕らに希望を与えた。

 ork_b_20080220175225.gif New!!
 通称:歩くR指定
 会話の要所要所に常にシモネタを忍ばせるアサシン。
 初対面とかそういうのは彼には関係ない。
 学生時代は野球部に所属し、自宅にはベンチプレス。
 場違いなまでの筋骨隆々とした肉体を誇るが、
 Kanon、Air、CLANNADといったギャルゲーを嗜む繊細さと、
 ファミレスでコーヒー三杯まで無料のサービス券を使い、
 二杯までで止めておく心の余裕をも併せ持っている。
 最近自前の天然パーマに縮毛矯正をかけて喜んでいたが、
 どう見ても伊集院光にしか見えない。



-火垂る-

それは高校生活最後の文化祭でのことだった―――

私たちのクラスの出しものは、劇。
なんでそうなったのかは忘れてしまったけれど、
あの有名な「火垂るの墓」を演じることになっていた。
私たちはそれまで、いつだって面倒くさがって、
何かに本気で取り組んだことなんて無かったけれど、
一つくらいそういう思い出があったっていい、そう思って、
当日までの期間、短いながらも、それなりに真面目に取り組んできた。

そして当日。

劇は信じられないほど上手くいっていた。
涙腺の弱いお客さんの中には、涙ぐんでいる人もいる。
そのときの私たちは、いつもの態度から見れば調子のいい話かもしれないけれど、
「絶対に大泣きさせてやる!」という一つの固い意志で結ばれていた。

そして。

場面はクライマックス。

節子が栄養失調になり、おはじきをドロップと間違って口に含んでしまう。
清太はそれに気づき、慌てて吐き出させ、
「節子、それドロップやない!おはじきや!」
というセリフを言う有名なシーン。
台本では、節子がおはじきを口に含もうとしているところを遠目から見つけた清太が、
「節子ー!」と叫び、走り寄ってくることになっていた。


幕目が変わり、いざ、その場面。


節子役の女の子が、ぼんやりとした様子でおはじきを手に取り、口に含もうとする。

清太役のe1_b.gif が、それを見つけ、慌てて叫ぶ―――















e1_b.gif「ほたるー!!」















ほた・・・る?





時が止まる場内。





そして―――





e2_b_20080220174035.gif「ほたwwwwるwwww」



h2_a_20080220174122.gif「馬鹿wwwww」



e3_a_20080220174214.gif「wwwwwwwwww」



ork_b_20080220175225.gif「腹がwwwwwww」



笑いに包まれる場内。節子も笑っている。

イースターはただただおろおろするばかり。

過度な緊張が生んでしまった、空前絶後のブッコワシ賛歌―――

その後もその雰囲気はどうしたって拭えず、
上手くいっていた前半部分も全て前フリのようになってしまうという、
劇としては散々な結果に終わってしまった。
イースターは劇の後本気で落ち込んで、
笑いを堪えられない私たちに本気でキレたりする悶着はあったものの、
彼は一躍時の人となり、しばらく私たちの間(イースター除く)に笑顔が絶えることはなかった。
それから彼のあだ名が「ほたる」になったのは言うまでもない。



(つづく?)



追記:

ちなみに配役はこんな感じでした。


e1_b.gif 清太

e2_b_20080220174035.gif 死体

h2_a_20080220174122.gif 死体

e3_a_20080220174214.gif 死体

ork_b_20080220175225.gif 死体


いや別にめんどくさかったとかじゃなくて

『今風ジェネレーション ~すれ違いのカリカリ梅~』
2008年 02月 15日 (金) 23:01 | 編集
(本番前)

e2_b.gif「ロナウドさん、ちょっといいですか」


20070831211333.jpg「いいと言えばいいし よくないと言えばよくない」


e2_b.gif「それ小学生がよく使うんですよ」


20070831211333.jpg「最近ハマっちゃって」


e2_b.gif「なんでだよ」


20070831211333.jpg「ところで何?」


e2_b.gif「(・・・)このラジオですが、ちょっと本当・・・二回も放送中止になる番組もそう無いので」


20070831211333.jpg「流行に乗ってるね!」


e2_b.gif「流行じゃねぇよ」


20070831211333.jpg「だってそうじゃないですか」


e2_b.gif「何がですか」


20070831211333.jpg「最近つい言っちゃった一言で騒ぎになる人いっぱいいるじゃないですか」


e2_b.gif「まあ・・・そうですね」


20070831211333.jpg「でもああいうので逆に、普段と違う年齢層での知名度が上がるって話ですよ」


e2_b.gif「はあ・・・」


20070831211333.jpg「言ってる意味わかる?」


e2_b.gif「いや・・・」


20070831211333.jpg「あ、これスタンド能力だから」


e2_b.gif「(すげぇ帰りたい)」


tt1_a.gif「そろそろ本番いきまーす」


e2_b.gif「まあとりあえず、頼みましたよ」


20070831211333.jpg「かしこまりー」


e2_b.gif「・・・」





e2_b.gif「皆さんこんばんは、『ラジオ思春期イマジナリー』改め、
     『ラジオはじけてシンドローム』の時間です」


20070831211333.jpg「『バファリンの半分が優しさなら、俺は君のために全てを差し出してみせるよ』
          ロナウド・マクダナルドです」


e2_b.gif「意味がわからないんですが」


20070831211333.jpg「最初のニュースはこちら!」


e2_b.gif「(ええー!?)」



と、ここまで書いたんですが、どうもネタにするのが遅すぎて、
肝心のニュースの記事の掲載期限が切れちゃったらしいです。

20070125_145_20080216024716.jpg


ちなみにニュースはこんな内容でした。

「ニューヨークを騒がす『ニンジャ・バンディット』とは?」

「スピード違反の男、穴を掘って隠れようとするが失敗」


ヌンチャクを使うドロボウだからニンジャ・バンディットっていうところにまずツッコんで、
その後穴を掘って隠れた男の方がよっぽどニンジャ、とかいう弁を展開しようと思ってたんです。

通算4回目になるこのラジオは中の人のミスで放送中止という、
私すら予想だにしなかった結末を迎えてしまいました。
せっかくロナウドさんがやる気を出したところだったのに、残念ですね。
ニュースは適当に検索すれば多分出てくると思うので、興味のある方は調べてみてください。

『開いたときに何も書かれていない真っ白なサイトが危ないらしい』
2008年 02月 09日 (土) 20:53 | 編集
2008-2-7.jpg

お知らせが遅れましたが、俗に言うパス抜きサイト、或いはそれに準ずるサイトの
URL付きコメントの送信が後を絶たないので、大変申し訳ないのですが
現在URL付きのコメントは管理者側でブロックさせて頂いています。
まあこんな棒にも箸にもかからないサイトに危険URLが貼られたとしても
正味問題はないかもしれませんが、数少ない閲覧者の方々に被害が及ぶようなことがあれば
グランドキャニオンの天辺から土下座しながらダイブするしかなくなります。
純粋に自身のブログのURLや、こんなサイトがあるよ!なURLを貼ってくださる方には
煩わしい思いをさせてしまうことになりますが、どうかご理解下さい。
今後ともこの地下50mをたゆたうRabbit Flagをよろしくお願いします。
copyright (C) Rabbit Flag all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。